「独りでいと」な毎日を行進していきます。
by kotohogu
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
2014年 11月
2013年 08月
2013年 05月
more...
カテゴリ
全体

食@湘南エリア
旅行
興味深い
スポット
日録
ことほぐ。適当レシピ
映画・ドラマ
ユルきゃらへの愛
やめられっかよ畜生の会
未分類
検索
タグ
フォロー中のブログ
愛しのダン・クエール様
 下衆牢愚
魁!腹筋塾!
UMANIA
UMANIA EXTRA
PSPのおっちゃんなブロ...
今を楽しむ22歳
リンク。
オヤジギャグ好き美女の部屋
うたたねの毎日

湘南を食すといえばこのお方
湘 南 く い だ お れ ー 

前から聞いてみたかったんだけどヲタなのかい?
不可抗力

ワトソンとのほほん
carpe diem

好奇心爆発レディの誘い

死海は海抜400m


最新のトラックバック
きもかわいいってこういう..
from みちくさ屋
戦国鍋TV
from 夜遅くに・・・
遠い昔の話
from piu lentoの日々
懐かしい人からのメール
from piu lentoの日々
とじてます
from  下衆牢愚
気持ちのいいお昼
from 花とねずみとごはんとおやつ
埜庵 のあん 氷屋、かき..
from こるぶろぐ
磯人丼♪【茅ヶ崎 海鮮め..
from 湘 南 く い だ お れ ー
伊香保行
from piu lentoの日々
My brain
from piu lentoの日々
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
大宮八幡宮に小さなおっさん(妖精さん)を探しにいく旅
【まずは腹ごしらえじゃ!】
新宿ベトナム料理店「ホイアン」で、料理を運びながら何度もコケそうになるという
ゴマちゃんを抱えたアシベでもしないようなドジを広げながらランチバイキングを楽しみました。
a0008965_12503573.jpg

■ランチ1,200円
品数減った気がするけれど大好きな生春巻きとフォーを思う存分食べました!


お腹も満たされたのでさっそく小さなおっさんを探す旅にでた。
違うよ、岡村隆史は土曜8時のめちゃイケに復帰してるよね(本当に良かった。好きだから)。
ここで指す小さなおっさんとは知ってる人は知っている、知らない人は知らないであろう「妖精さん」のことです。

過去、わたしが相当にまともな精神状態でもって妖精さんを好きで求めていることは周知の事実ですが「機は熟したり!(戦国武将出陣のポーズ)」。
小さなおっさんに偶然を装い「あんたのこと待ってたわけじゃないからね!」と夕暮れの校門にいるツンデレ女子学生のごとく遭遇しようと思うのである!

あんまりふざけていると豆腐の角に頭ぶつけて且つ崩れた豆腐はしっかりと四川風麻婆豆腐に仕上げろ、と陳建一の指導が入ってしまうので
そろそろ真面目に小さいおっさんの説明をすると、的場浩司さんや♪シャクシャクシャクシャクお酌~のシャク子こと釈由美子さんが、頻繁にテレビジョンでお喋りになられている、
あの!お風呂場の排水口に逃げたり、全身が緑色だったりする小さな小さなおじさんのことです。

去るお正月に、漫画という身近なアイテムでその孤独を埋めようとしていた友人に奨めまくって購入させた本「こびとづかん」
友人の親はナニカを心配して週1で電話をかけてくるようだが、
この本をどこかで開こうものなら、「その孤独は埋められることなく、しばらく続くだろう(親の電話も)」とすべての人が容易に想像するだろう怪しいこの本!

聞くところによるとその後、友人はこの本を家で開くことはまずないという。だろうね。
購入させた責任はまったく感じていないけど、だったらいっそおっさん(妖精さん)を探しに行こうYo!
ということで西永福町の駅で待ち合わせた日曜日の午後の空気は冷えきっていた。




京王線の車窓から雪がちらつくのを見つめていると、隣にいた子連れの母親が外に舞う雪を凝視し
「…ゴミ?」とつぶやいた。

無事に友人と合流し西永福町駅から歩いて、目指したのは東京のへそ、大宮八幡宮!
じゃあ頭はどこなの?と思った人は調べてください。

a0008965_12523714.jpg


■大宮八幡宮
到着してみると大宮八幡宮はかなり立派な神社であった。
さすが小さなおっさんの住処だわ。


a0008965_12501638.jpg


■木
なんか・・・ニンニク?


友人がネットで調べたところ、木の根本に小さなおっさん(妖精さん)は現れることが多いらしいので、木の不自然な欠けなどをマルサの女でも目を見張るほどに注意して見てみるが、
とにかく寒いのでしっかりとお参りして、しっかりと周辺を散策して(10分くらい)、
境内に弓道場を見つけて、その横を川が流れていて、住宅地が広がっていて、
さながら三鷹のようだから、ジブリ作品にするとこの川沿いに女の子が住んでいて、並びに幼なじみの男の子が住んでいて、成長と共に会話しなくなるんだけど、この弓道場で顔を合わせるようになって、惹かれていくんだよね!と妄想して、お茶しに行くことにした。長い!

辺りは暗くなり帰り道が不安だったので、通りがかりの駐在さんに西永福町駅の方向を聞くと、そこより二駅も離れた駅名を口にするし、
しまいには「そこ、はしってるの井の頭(通り)だっけ?」と私たちに聞いてくるので
『これは…』と、その罠から離れることにした。

無事に方向がわかってきたので、帰り道にあったカフェーに寄ってみた。
a0008965_13191079.jpg

■カフェーの中
とてもいい雰囲気で、窓際にコーヒーを飲みながら「ソトコト」の編集者が
イギリスの湖畔地方の特集の打ち合わせでもしてるのかな?と思うほどでした。

a0008965_12585289.jpg


■アップルパイセット
添えられたアイスがかなり美味しかったなあ。


小さなおっさん(妖精さん)はカルファルニアの青空より澄み切ったわたしの眼には映らなかったけれど、大宮八幡宮はまた行きたいなと感じる神社でした!
というか行く!

ここまで読んでくれてありがとうございました。
なんか久々の投稿で、とばしすぎた感があります。

小さいおっさんに隠しきれない興味がわいた人は、いってらっしゃーいNA!
[PR]
by kotohogu | 2011-02-28 13:18 | スポット
<< キングコングに揺さぶられたビル... 伊勢旅行記 二日目 >>